消化器診療にあたり、予防科学に対する関心が高くなった今上部消化管内視鏡検査の重要性は言うまでもありません。しかし。「胃カメラは苦しい」というイメージの患者さんを多くみかけます。いかに有用な検査であっても、患者さんが検査を敬遠してしまう事で病気の発見、診断の機会が遅れてしまっては残念な結果を引き起こしてしまいます。当院では先端5.9mmの細径の経鼻内視鏡を導入し、「苦痛の少ない」胃カメラを心がけています。

「鼻からスコープ入れて大丈夫?」と心配されるかもしれません。しかし、きちんと前処置(鼻腔内の局所麻酔)をすれば心配はありません。また従来の口からの内視鏡検査と比較し以下のような特徴があります。

咽頭反射は舌の奥にある舌根部に触れるため起こります。経鼻法では舌根部に触れず検査できるため
咽頭反射が起こりにくくなります。
口からの検査ではマウスピースで口を塞がれてしまいましたが、経鼻法ではその必要がなく
会話でのコミニュケーションをとりながら検査が可能です。
口からの検査に比べて麻酔の量が少なく、身体への負担も軽減します。

短時間で日常生活に復帰でき、車の運転も可能です。
食事も比較的早くとれます。

 
 
1. 問診〜危険を避けるために事前チェックです。
2. 胃の中の泡を取り除くための消泡剤(ジコチメン水)を噴霧します。
3. 両側の鼻腔内に血管収縮剤(塩酸ナファゾリン)を噴霧します。
4. スコープを挿入する側の鼻腔を決定し、挿入側の鼻腔内にゆっくりとゼリー状の麻酔薬(2%リドカインゼリー)を注入します。 
5. スコープを挿入する側の鼻腔内に麻酔薬(2%リドカインゼリー)が塗布された外径4mmのスティックを挿入します。(約1分) 
6. 同様の処理をされた外径6mmのスティックを挿入します。
                 上記の処置を行った後に検査をはじめます。
           ※前投薬の麻酔薬(鎮静剤)の注射は患者様とご相談をして行います。    
Copyright 2006 Southern Clinic Square all rights reserved.